いいわけ

ちあきーです。どもども


先日、ダイバージュノでスナイパーコルセアをやってきました。
デスペナもありませんし、レリック防具の強化は一つもやれていない状態でしたが、TPを多めに貯めることでなんとかやれました。
でも、TPを多く溜める=数がやれないということになるので、何か威力を上げる方法はないかなとやりながらアドバイスをもらっている中で、

「ダイバーは強闇天候がついているので、レデン時には闇輪の帯が必須」

完全に存在を忘れていましたね!
エンカンストーンで撃っていましたw
ですが、カバンの都合上、属性帯は八輪にまとめてしまっています。
さらに、その時は光曜日でしたので八輪のデメリットが発生してしまう状況でした。
結局、その日はエンカンストーンのまま殲滅し、後で闇輪の帯を作ろうと考えていました。


いざ、海に素材集めにいこう!と意気込んだのですが、八輪の帯の性能についてよく覚えていなかったので改めて調べてみました。


八輪の帯
天候/曜日の影響を常に受ける。

これだけだと、どのくらいの影響なのかが分かりませんよね。
ざっくりまとめると・・・

・使用時の曜日と同属性ならダメージが10%アップ、反対属性なら10%ダウン
・使用時の弱天候(学者の陣1)と同属性ならダメージが10%アップ、反対属性なら10%ダウン
・使用時の強天候(学者の陣2)と同属性ならダメージが25%アップ、反対属性なら25%ダウン
・プラス面もマイナス面も常に受ける。

この4点のようです。(魔命には影響がない?)
例として、ダイバーでの戦闘で八輪の帯を装備し光曜日に闇属性WSのレデンを撃つ場合

ダイバーエリアの強闇天候で+25%
光曜日に闇属性WSのレデンを撃つのでー10%
トータル+15%になります。

撃ち比べをしていないので正確にはわかりませんが、ダイバー内では悪条件でもエンカンストーンより八輪の帯の方が強そうですね。




そして、ここからがいいわけです。

上記の通り、八輪の帯はマイナス面も常に受けてしまうのがデメリットです。
では、闇輪の帯などのバラだとマイナス面を全く受けないのかというと・・・
30%の確率でマイナスを受けてしまいます。(反対属性の場合のみ)
つまり、光曜日にダイバーにてスナイパーをする際は、このマイナス面を考慮しないと石像を倒しきれず雑魚が沸いてしまう可能性が30%ほどあるということになります。
属性WSなのでレジストされる可能性もありますが、そこまで考慮することは現実的じゃないので。
光曜日に安全かつスムーズに進行するには、帯使用時にマイナスを受けても倒しきれるダメージで撃つのが最適だと考えました。

ということは・・・

ダイバーでのスナイパー限定であれば、八輪の帯のままで闇輪の帯を作る必要はない!
(訳:カバンがいっぱいで持ちきれないし、材料とりにいくのがめんどくさい)


もちろん、最大ダメを常時狙う場合には闇輪の帯などのバラのほうが間違いなく良いですw

今更の話題ですが、何かの参考になれば!

でわでわ


ランキングに参加中デス!
ポチっとしていただくと、やる気スイッチが入ります♪
(スマホではバナーが表示されないようです)

この記事へのコメント